uku@N04.jpg 59553728@N04.jpg

2011年08月16日

敗れざる者たち

今年のお盆も、例年通り、俺の実家と奥さんの実家をはしご。
兄貴と都合が合わなかったので、ちょっと残念だけど、
俺の兄貴のテンションの高さには、ちょっと疲れるのも事実なので(笑)、
まぁ、それも良し(笑)。
親父が、お袋の昔の写真や今の地域の交流会でよさこい踊り(?)を踊っている動画なんかを集めて、「葬式の時にみられるように」とdvdを作ったのを観た。
楽しそうに踊っていたので、俺は下手なライブを観るより、全然こっちの方が良いと思ってしまう。
親父は次は自分のを作るんだと言っていた。
親父も酒が好きなんだけど、
最近は朝早く起きて、近くのきれいで広い公園を歩いているらしい。
人は自分の死や寿命を意識する事で、今を大切に生きようという気持ちになるのかもしれないと、震災もあって、そう実感した。

それと、実家の近所のimaxシアターにトランスフォーマーを観に行った。
ストーリーは置いといて、空飛んでる映像とか単純に楽しめた。夏休みに良いね〜。 

谷本君のdvdを作ったり
(これ、ブート風なんだけど、良くって、NEVER LOSEの戸枝にジャケ書いてもらってオススメなんです。)
今年のお盆は相当楽しく過ごしたんだけど、
ちょっと疲れもでたので、今日はノンビリ家で過ごし本を2冊読んだ。

沢木耕太郎の「敗れざる者たち」と椎名誠の「海を見にいく」

「敗れざる者たち」は、スポーツ界の「勝負の世界に何かを賭け、喪って(うしなって)いった者たち」を主題にした作品で、
音楽界にも通じるものがあり、ホロ苦くも良い作品を味わえた。



今日も良い一日でした。




posted by akira at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | Favorite Books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/220702200
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。