uku@N04.jpg 59553728@N04.jpg

2013年08月10日

海か高原に行きた〜い

まずは、Rivers of Babylonのレコーディング。

絵描きの人もどこで筆を置いていいか迷うという話も聞くけど、
今回のレコーディングもそんな感じで、どこでマイク?を置こうか迷ってしまってます(笑)。

微妙なニュアンスの違いだけなんで、キリがないのもわかっているんだけどね〜。
せっかくならカンペキに自己マンできるモノにしたいんだよね〜。

今回録ってる曲たちは、せっかくなら、ジャケとかもキッチリこだわった愛蔵版みたいな(笑)、
そういうのを少数でも良いからきちんとしたアルバムパッケージにしたいかも。

ーーーーー
それと、この前カズとスヌープ ライオンのロード トゥ ライオンという映画を観ました。

渋谷の単館上映でした。カズとはこの映画館で、12年前くらいにタイトルは忘れたんだけど、「60年代のフラワームーブメントがダメになっていく終焉くらいのフェスの映画」を観たので、懐かしい。

ロード トゥ ライオン、最近見た映画の中だと、グッときたなぁ。

スヌープは、ヒップホップから、突然?のレゲェへの転向、
俺もラウドから突然?のウクレレへ転向(笑)。

そういえば、俺は、そのころの自分の気持ちの変化の経緯をあんまり話してないから、
「迷走している」という人もいたみたい(笑)なんだけど、
自分では、求めているものは、わかってるんだよ。

スヌープの経緯と俺の経緯は、あたりまえに違うけど、気持ちとしては、
スヌープが話す言葉以上に、心情が伝わった気がして、良かったな。

ーーーーー

映画と言えば、「風立ちぬ」も観たんだよ。観た?
ちょっとチュッチュチュッチュし過ぎじゃない?
真面目な人が初めて彼女できた時みたいな。(笑)

でも宮崎監督の、自然や平和への関心やメッセージを出す姿勢は尊敬。
サザンもそうだよね。キヨシロウもそうだったね。

そう言えば、夏のこの時期原爆や戦争関係の番組、昔はもっとなかった?
ハダシのゲンとか。アウシュビッツの映像とか。映して良いの?と思うくらいの現場の映像とかも流れていた。
いい気持ちにはならないけど、だからこそ、映した方が良いと思う。今はやってても深夜だったりしない?ホント戦争になったらどういうことになるのか、子供こそリアルに知った方が良いのに、
広島の平和記念資料館の模型もなくなるんでしょ?

軍隊についても、イキった人に、イキって返すと、どちらがイキリ倒すかという話になるよね、
引くに引けなくなったら、最終的に、ひどければ殺し合い。
スヌープのロード トゥ ライオンでもギャングの殺し合い。

「日本は戦争をしません」というスタイルと大義名分は、絶対に必要。





posted by akira at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。