uku@N04.jpg 59553728@N04.jpg

2013年06月24日

小さな夢と血。と録音。

1年ちょっと前の誕生日の後、「デカイ絵を自分で描いて、自分の家に飾りたい」
と、このブログに書いたんだけど、(まったくもって前進してません。)

先日、実家に帰ったら、
お袋が描いたケシの花の絵と、
親父の描いた牡丹の花の絵が、
フツーに部屋に飾ってあった。

二人とも今まで絵なんか描いてないのに、いつの間に。。。

モチロン素人の絵だけど、ものすご〜くアッサリと先を越されました。

というか、そんな話、今までしたことないのに。

やはり、血か??

ちょっとウラヤマシイ。



------------

録音について。

Rivers of Babylonは、今度の週末録音する予定なので、
昨日は、POUND ROCKの時に作ったSun & Moonという曲を、
ウクレレ用にDay & Night(仮)という曲にリサイクルして録音してみました。

自分のi-tunesにEVERLASTING,O-BOYZ,Day&Nightと、曲が増えていく、
あとこの前カズ用に録ったトラックもね。増えたらなんだか嬉しい。

YOUTUBE用の動画がたまってきたので、それで良いか〜という気持ちも、
実は心の奥底にずっとあったんだけど、チャンと録ったのをまとめて聴くのは、やっぱり良いかも。

もう少し録りためまーす。
posted by akira at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月18日

O-BOYZミックス

ずっと作っていたO-BOYZ、ミックス完了!

レコーディング自体は、2011年の12月からやり始めていたらしいから、
俺のサボり期間もいれて、1年半(!)。難産な子でした(笑)。
ちなみにサボり期間が1年2ヶ月です(笑)。

ホントは1ヶ月前の伊豆高原に持っていくのを目標にしていたんだけど、
昔から一度は言ってみたかった憧れの「発売延期(自分の中で決めてただけだけど)」を経て、
ようやく完成。

自分でも1ヶ月後聴いたらわからないくらいの微妙な違いのミックスパターンを、
異常な数試しまくって、ようやく1つに絞り込んだ。

で、日曜にうちにユウリ君が来て、また二人で微調整をして、
ついに完成!

あまりにも聴き過ぎて、新鮮な耳で聴けなくなってしまった(笑)。

ミックスって、たまにそういうパターンもあるよね。

でもこういった1ミリでも良くしようという作業も含めて、
音に込められていく魂や、説 得力だったりもするからね。

風がちょうどよく吹く中で、聴くと結構良い感じなんだけど、
どうかな、気に入ってもらえると良いなぁ。

で、気がつくと、ライブする予定を入れていないので、売る場所がない(笑)。
で、このまま、この前伊豆でやったRivers of Babylonもレコーディングしようという話に。

なので、皆さんに聴いてもらえるのは、もうちょっと先なんだ。残念。でも、他の曲も録りためるかも。

そして、この日曜のもう一つの目的は、シントウカ用のアコースティックトラックの検討!

アコースティクのトラックで、シントウカにスポークンワーズしてもらおうと、

ユウリ君が録りためた大切なネタを聴かせてもらって、二人でその中からピックアップして、
ネタを広げていく。
面白かったのは、俺が気になったネタは、録ったときに本人も気になっていたネタのようで、
何度も繰り返し、録り直していた。

そういう感覚が合うのが嬉しい。

全部聴ききれなかったんだけど、
3曲、ピックアップして、1曲、良いところまで作成中。
その曲は、俺もウクレレ弾くんだけど、ak_rollingでは多分やれない音だけど、
いや、ああいう曲も包み込んでのak_rollingが出来たらきっと完成形。
俺の中にもある世界感だし、やりたい音なので、スゴク楽しい。 

スゴクカッコいいので、なんなら俺が、歌か言葉を載せたいーーーっ!!!

と、取り乱すくらいこの先も楽しみ。

これも皆さんに聴いてもらえるのは、まだ先だけど、
モノにしたいので、
いつか聴ける日がくるだろうと、
楽しみにしてもらえると嬉しいです。
posted by akira at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月08日

メッセージ

このひと月くらいにあった色んな事は、合わせて考えると、
怖れず、しがみつかず、
努力して来たものを持って、今いる場所から出て、
もう一度自分の力で人生をつかもうとしなさいという、
力不足のところは、後で走りながらつけなさいという、
30年という時間と、20年という時間と、2年という時間と、
場所と、この世とあの世とを超えて、
煮え切らない俺への、
20年振りの友達や、
偶然、
という力を借りての、
メッセージなのかも。

色んなことや、
気持ちを思い出しました。


posted by akira at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。